健診関係

当院では、以下の健診を実施可能です

ご希望の方は、当院受付までお問い合わせください

詳細な健診・検査項目については、職場にご確認ください。

内容によっては、取り扱えない項目もございます

健診を受ける方は、16時頃までにご来院ください

17時を過ぎますと、当日中にすべての検査を行えず、再来院して頂くこともございます

 

特定健診

健診名 健診内容

費用

特定健診
(国保/後期)

問診、内科診察

尿検査
心電図(75歳未満限定)

血液検査

肝機能:GOT/GPT/GGT

脂質:LDL/HDL/TG

血糖:HbA1c,血糖値
腎臓:Cr/尿酸
貧血:Hb/RBC(75歳未満限定)

無料

特定健診

(組合)

問診、内科診察

尿検査
血液検査

肝機能:GOT/GPT/GGT

脂質:LDL/HDL/TG

血糖:HbA1c,血糖値

無料

2500円

特定健診

(若年)

問診、内科診察

尿検査、心電図

血液検査

肝機能:GOT/GPT/GGT

脂質:LDL/HDL/TG

血糖:HbA1c,血糖値
腎臓:Cr/尿酸
貧血:Hb/RBC

1500円

労働基準法健診

健診名 健診内容

費用

労基健診

問診、内科診察

尿検査、視力検査、聴力検査

胸部レントゲン、心電図

血液検査

肝機能(GOT/GPT/GGT)

脂質(LDL/HDL/TG)

血糖、貧血(Hb/RBC)

8500円

労基健診詳細

問診、内科診察

尿検査、視力検査、聴力検査

胸部レントゲン、心電図

血液検査

肝機能(GOT/GPT/GGT)

脂質(LDL/HDL/TG)

血糖、腎機能、尿酸
貧血(Hb/RBC)

※採血項目は特定健診に準じています

9000円

労基健診

HbA1c含む

※上記健診に加え

血液検査HbA1c項目追加

+500円

採血項目追加

※上記健診に加え

  1項目に付き

+200円

※その他の項目については、応相談

一般健診

健診名 健診内容

費用

簡易健診1

問診、診察、身体測定

胸部レントゲン、心電図、尿検査

4000円

簡易健診2

問診、診察、身体測定

胸部レントゲン、心電図、尿検査

聴力検査 視力検査

4500円

簡易健診3

問診、診察、身体測定

採血(労働基準法項目)、尿検査

6500円

簡易健診4

問診、診察、身体測定

心電図、尿検査

3000円

簡易健診5

問診、診察、身体測定

胸部レントゲン

2000円

医学適性検査

問診

視力検査、聴力検査、色覚検査
2400円
その他組合せ

聴力検査 +500円
心電図検査 +500円

胸部レントゲン +1000円

労働基準法項目以外の採血 応相談

 

※上記以外の組合せでの健診も可能です。ご相談ください

その他自費検査

健診名 健診内容

費用

ピロリ菌検査 ピロリ菌抗体検査

2500円

ピロリ菌検査

尿素呼気試験

6000円

ウイルス検査

ウイルス抗体価検査(採血)

検査可能項目

 麻疹/風疹/おたふくかぜ/水痘 

1件

2500円

肝炎検査

B型肝炎HBs抗原
C型肝炎HCV抗体

2500円

B型肝炎(個別)

B型肝炎抗原(HBs抗原)

B型肝炎抗体(HBs抗体)

1件

1500円

C型肝炎(個別)

C型肝炎抗体 2000円
結核検査

ツベルクリン反応

2500円

結核血液検査

T-SPOT(血液検査) ※要予約

6000円

便培養衛生検査

赤痢菌・サルモネラ菌・ビブリオ菌他

2500円

蜂アレルギー

蜂IgE抗体価測定
検査可能項目

 ミツバチ/スズメバチ/アシナガバチ

1件

1500円

胃癌リスク

ピロリ菌抗体+ペプシノーゲン

4000円



臨時休診の予定

休診
なし

以下の「QRコード」を、スマートフォン等で読み込んでください

当サイトへのリンクが表示され
スマートフォン等でアクセス出来ます

当院のFacebookページにアクセス出来ます。どうぞご利用ください

2020年

4月

01日

新型コロナウィルス流行

大都市圏を中心に、新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。静岡県でも新たな感染者の確認が報告されつつあり、いよいよ身近な問題へと変わりつつあります。

 

決して他人事ではなく、今すぐそこにある驚異

 

その自覚が重要です。関東圏では外出自粛の要請が都知事からなされました。静岡県は、まだ外出自粛要請には至っていません。しかし、どこで新型コロナウイルスにさらされるかわからない状況の中で、外出を控える・人混みは避けるなどの行動制限を自主的に取ることは、とても重要です。感染を拡大させないためにも、また大切な家族や仲間を守るためにも、一人ひとりの自覚が必要なときなのです。

続きを読む 0 コメント